スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「ダーク・フェアリー」 ★★★★★(5.0点/5.0点)

100分/アメリカ(2011)
公式サイト

          20120106_7bbb9a.jpg

          

 ギレルモ・デル・トロ製作による渾身、極上のホラー。1973年のテレビ映画「地下室の魔物」のリメイクで、デル・トロ自身が当時恐怖し影響された作品で、リメイク企画を長年の間温めていた。
 念願の映画化とあって演出や構図、ストーリー等が非常に良く練られており、全体的な完成度が極めて高い。特に恐怖演出に関しては抜きん出ており、近年稀に見る怖さだと個人的には思っている。というのも、子供の頃のトラウマが蘇ってくるからだ。子供の頃、真っ暗な闇の中に言い知れない恐怖を覚えた人は少なくはないだろう。自分の周りに何があるかわからない感覚、もしかしたら得体の知れないものが潜んでいるかもしれない、そう思うととてもじゃないが居てもたってもいられないあの感じが本作からは伝わってくる。だから非常に怖いと感じたわけだ。本編中で主人公の女の子は夜の屋敷の深い暗闇の中何度もトゥースフェアリーに襲われるわけだが、観てるこっちも昔のトラウマのせいで気が気じゃない(笑)。しかしながら本作、怖いけど抜群に面白い!

          o0630042011784619019.jpg

 本作は元々土地に住み着いていたトゥースフェアリーがどこともわからない地下深くから這い出て人に悪さをする。土着の魔物、地獄に続きそうな洞穴等から連想する人もいると思うが、本作にはラヴクラフト感が漂っており、それが全体的に禍々しさを増長していると言える。殊に本作のプロットに関してはラヴクラフトの著作、「壁の中の鼠」と共通する部分が非常に多い。ラヴクラフトが著作を執筆していた1900年代初頭は現代のように情報が氾濫しているわけではないため、ラヴクラフト本人も、それを読む読者もすべての元になるのは想像力ということになる。「壁の中の鼠」においても、壁の中を走り回る鼠のような何かは足音でしか表現されず、その正体は読む者の想像力に委ねられている。いわばそれがラヴクラフトの特徴でもあるが、何が言いたいかというとダークフェアリーにおいてもラヴクラフト的なプロットはもちろん、想像力を掻き立てられるような感覚も備わっているということだ。地下室のフェアリーが這い出てくるあの穴の底は一体どこにつながっているのだろうか・・・。

          img_957875_61666282_4.jpg

 少々なめて劇場に行ったこともあってあまりの面白さと怖さに観終わった後に束の間放心状態に陥った訳ですが、とにかくすごかったですね(笑)。さすがデルトロだと思います。正直衝撃度合いは個人的にですが、「哀しき獣」の遥か上を行っていました。ということでたぶん本作が上半期ベスト1だと思います(笑)。あと、主人公サリー役のベイリー・マディソンちゃんはかなりの演技派でしたね。なんでもハリウッドの芦田愛菜と言われてるとかなんとか(笑)。芦田愛菜はあざとくて嫌いだけど、その異名はダテじゃない(笑)。

          111115_darkf_sub4.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ホラー
ジャンル : 映画

2012-03-24 : 洋画・ホラー : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

「ザ・ウォード 監禁病棟」 ★★★★☆(4.5点/5.0点)

89分/アメリカ(2011)
公式Facebook

          E382B6E383BBE382A6E382A9E383BCE38389E79BA3E7A681E79785E6A39F.jpg

 ジョン・カーペンターによる「ゴースト・オブ・マーズ」以来約10年ぶりとなる新作(劇場公開作品)である本作。とにかく彼の映画作りには脱帽の一言。とても10年のブランクがあった事を感じさせない手腕に感動してしまった。

          1330516329_Ward_35355804_1857531_1_dpa_Pxgen_r_630xA.jpg

 ストーリー、役者に関して。設定や舞台が非常にコンパクトでかなりわかり易い。だからこそと言えるが、カーペンターのシンプルな演出が見事にマッチしている。舞台は病院という閉鎖空間、逃げ場がない上に圧迫感もあり、夜になった際の雰囲気も抜群。禍々しいオーラを放つ事に成功している。またその中で繰り広げられる怪現象との遭遇、息を呑む追走劇は実に見ごたえがある。オチはなんとなく予想できたものの、私は素直に驚いたし、オチのオチはちょっと笑えたりする(笑)。役者陣は全然知らない人ばかりという印象だったが、主人公とその周りの女性たちは皆フレッシュでキャラ立ちもハッキリしていてよかったと思う。特に主人公役のアンバー・ハードは魅力的だった。顔立ちはキリっと美しいし、スタイルも抜群。70年代ルックも妙に似合ってた(笑)。勝気で好奇心旺盛、引っ張っていくタイプだけど記憶がないというハンデと謎の過去を持つという奇妙なバランスの主人公像をしっかり演じきっていた。今後の活躍に期待。ちなみに他のカーペンター映画の女性主人公としてはゴースト・オブ・マーズの主役ナターシャ・ヘンストリッジに次いで頼りになる女性というイメージか(笑)。

          18692_008.jpg

 カーペンター演出に関して。やっぱりどこをどう取ってもまごうことなきカーペンターの映画。これはもちろんいい意味で。ブランクを感じさせないという理由はここに帰結する。往年のカーペンター映画内での演出が垣間見られる作り込みは実に見事だ。オープニングの病院の廊下を下アングルで舐めるように撮影し、徐々に視点が上がってタイトルが挿入されていくカットは「遊星からの物体X」を彷彿とさせ、シャワー室で湯気の中に影が立つシーンは「ザ・フォッグ」、終盤のガチ格闘アクションは「ゼイリブ」、そして全編に渡るショッカー音はもちろん「ハロウィン」を想起させる。これだけのものが詰まった本作はカーペンター映画の集大成と言っても過言ではない。

          the-ward-carpenter-314725_0x410.jpg

 私がカーペンター映画に出会ったのは大学に入学してからのことなので、かなり最近ということになります。観始めた当時は現役だったことは知らなかったので、まさか新作を劇場で観る機会が来ようとは夢にも思いませんでした。同時に今後こんな機会はもう滅多にないだろうなと寂しくもあります。まだまだ頑張れカーペンター!また劇場で会いたいです。

          photo (1)

 奇跡的にTwitterのフォロワー様からパンフレットを頂きました。Twitterとフォロワー様に感謝と敬意を込めて写真を上げさせていただきます。ありがとうございました。

テーマ : ホラー
ジャンル : 映画

2012-03-03 : 洋画・ホラー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「サスペリア」 ~バレエスクールの校長はバケモノかっ!~

 先日ようやくダリオ・アルジェント監督作として名高いサスペリアを観賞する事が出来た。
 さすがに有名なだけあって凄まじい作品。サスペンス、ホラー、スプラッター演出が入り混じった構成にどぎついカラーとゴブリンによる何か掻き立てられるような音楽が大音量で乗っており、とにかくこっちがパニックになりそうだった(笑)。アルジェント監督自身どこか他人事なのかも分からないが、テンションがおかしい。ぶっ飛んだ映画だった。また、サスペリア2はてっきり続編だと思っていたが、本作の2年前の作品で内容も全く関係ないらしい(未見)。紛らわしい邦題である。

          o0510023710251124422.jpg

 バレエの修行でアメリカからドイツのとあるバレエスクールに入校することになった主人公のスージーだったが、彼女が入校して早々にそのスクールに通う生徒が惨殺されるという事件が発生。その後も奇妙な事件が続き、ついには隣室の友人まで行方不明になってしまう。そして明らかに異常な教師たちの行動に懸念を持ち始め、その原因を突き止めるうちにスージーはとんでもない真実を知ることに。

※以下若干ネタバレ!

 

 一応おおまかなストーリーは分かったが、そのストーリーを補完するための部分を明らかにしなさすぎている。見せてはくれるが語らない(コウモリと盲導犬の描写が意味不明すぎる)。おまけにラストに校長が長生きしてる魔女(しかもゾンビっぽくて光学迷彩機能付き!)というとんでもない展開をぶちかましてくる。ちょっと混乱したが訳のわからんテンションも相まってどうでも良くなってしまう。また、色遣いが大胆で、色で間をもたせたり誤魔化したりと、なんとも大胆で強引。逆に潔くて私はとても好きだが。音楽に関しては素晴らしいの一言。メインテーマからその他に至るまで結構頭に残る。言ってしまえば変なサウンドだが、映画の強引さにかなりマッチしている。洪水のように大音量で挿入されている点もなんだか納得。スプラッター描写もテンション高めで良かった。特に最初の心臓串刺しは気合が見て取れる。
 ストーリーやらテンションやら色やら全体的に良くわからん映画だったが、何とも憎めいない傑作。訳がわからなくても後々まで印象に残っている事は間違いないと思う。

          f0102471_1931582.jpg

 唐突だが、この記事を書いていて思ったのだが、本当にダメな映画というのはストーリーやその他がそれなりでもその後で印象に残らない映画の事ではないだろうか。印象に残る事だけが映画ではないのは確かだが、いくら有名な監督が作った作品であっても印象がありませんだったら話のネタにもならないですよね。

サスペリア [Blu-ray]サスペリア [Blu-ray]
(2010/12/08)
ジェシカ・ハーパー、ステファニア・カッシーニ 他

商品詳細を見る

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

2011-04-25 : 洋画・ホラー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「ザ・ライト エクソシストの真実」 ~ジジイと男とジジイと悪魔~

 アンソニー・ホプキンスの顔がアップになったポスターが印象的な本作。タイトルから分かる通り悪魔祓いに関する映画である。注目すべきは実話を元にしているという点で。エクソシストというと1973年のウィリアム・フリードキンによる映画(私は未見)が浮かぶ人が多いと思うが、本作はこのようなエンタテイメントとしてのエクソシストを描いた作品ではなく、実在するエクソシストにスポットを当て、それをホラー調の演出をまじえつつシリアスに描いたドラマである。

          o04500344142718.jpg

 代々葬儀屋や神父を営んできた家系に生まれた主人公のマイケル。マイケルも将来司祭になるために神学校に入学するが、信仰心の欠如を原因とし、司祭になる事を辞退してしまう。そんなある日、交通事故現場に居合わせたマイケルは神父として被害者を看取る。それがきっかけで神学校の神父に勧められ、バチカンで行われているエクソシスト養成講座を受けることになってしまう。半信半疑で講座を受けていた折、講座の講師である神父にルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)を紹介され、実習という形で悪魔祓いに参加していく形になる。
 
ホラー映画として観てしまうとまったく面白味のない作品になってしまうが、エクソシストという職業について知るためのきっかけとするならばうってつけの素材と言えるだろう。悪魔が人に取り憑くとどうなってしまうのか、どう対処するのかなどを大学の講義のような形で説明していくシーンなどがなんともシュール。また、アンソニー・ホプキンス扮するルーカス神父の悪魔祓いシーンも生々しくて実に興味深かった。だがこれはあくまで映画前半の内容である。後半は話の腰が折れている。まず悪魔の存在が前半と比べ明らかに低俗になっている。たとえるならサム・ライミの「スペル」のような感じ。もっと悪魔の存在が見え隠れするような、臭わせるような演出にすべきだったのではないだろうか。更にはラスト、主人公の信仰心についての演出が雑すぎて興ざめである。はっきり言ってしまうと、急に主人公が信仰心を取り戻してルーカスに憑いた悪魔に打ち勝ち、追い払ってしまうというもの。突っ込みどころ満載でぶっ飛んでいる。これに関しては製作者側も掘り下げたかったのかもしれないが、あまりにも突飛である。しかしその際のアンソニー・ホプキンスの怪演ぶりは必見。変態のようでねっとりした嫌な感じがしっかり伝わってきた。また目が怖い。それまでのルーカスの目つきからは一転、かなり気持ち悪かった。名優たる所以を改めて実感した。

全体的にはあまり面白くない作品だった。また、宗教的な色が強いので万人向けとは言えないだろう。しかし前半のリアルタッチな部分は興味深いし、悪魔祓いや悪魔憑きの実態などを知るきっかけになるかもしれないので気になる方は是非。

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

2011-04-24 : 洋画・ホラー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。