スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」 ~伊達さんの存在感ェ~

 仮面ライダーが放送開始されてからいつの間にか40年も経ったらしい。本作はそんな仮面ライダー40周年を記念して造られた記念碑的作品である。ベースは現在放送中のオーズ、そして過去のライダーを出すとなると当たり前なのだが電王が主体となっている。

          0226_kamenrider.jpg

 明日のパンツがあれば生きていけるパンツ男の映司は、アンクとオーズの力を借りて日々ヤミーと闘っていた。ある日、ヤミーではなくイマジンに遭遇する。戸惑う映司の元へデンライナーとNEW電王が登場し、イマジンを一掃しようとするが1匹だけ逃がしてしまう。逃がした1匹は40年前にタイムスリップしてしまった。逃がしたイマジンを倒すために40年前に行く事になったデンライナーに映司とアンクも便乗。ところがふとしたきっかけで40年前にセルメダルを落としてきてしまう。それに気が付かず元の時代に戻ってきた映司とアンクだったが、そこは元の世界とは程遠い、ショッカーの支配する世界だった。映司たちは過去に介入した事で未来を変えてしまったのだ。なんとか元の世界に戻そうと奮闘するのだが・・・。

          lgk_sb2_large.jpg

※当然ながらネタバレを含む。

          338786view008.jpg

 まず思ったのは、全体的に散漫だということ。ポスターなどで数十人のライダーを出演させる事はわかっていたが、散漫な印象にさせるのはその事が直接的な原因ではなかった。主に脚本と演出が原因だと思われる。シリアスとユーモアの使いどころがおかしいし、終盤のヒーローショーのような安い演出と、いつも通りの演出との差も感じずにはいられない。更にラスト、岩石大将軍との戦闘はギャグだろ・・・。また、米村氏による脚本も相変わらずグダグダな展開が多く、話のつなぎ方も適当。ほんとに40周年かこれはと疑問に思わずにはいられない。しかし悪いところばかりではない。1号、2号の演出は素晴らしかった。登場シーンやライダーキック、ダブルライダーキックなど世代の方には堪らないはずである。藤岡弘さんと佐々木剛さんのアテレコも気合十分で良かったと思う。また、本作は子供が重要な役割を果たすのだが、子役の演技が上手かった。これはかなり評価できるポイントだと思う。そして、「ライダー魂」なる言葉が劇中登場する。この言葉には少しばかり感動してしまった。どんなにつらくたってライダーは正義の味方!決してあきらめない日本のヒーロー!当たり前のように思っていた事だが、改めて実感できた。

          lgk_sb3_large.jpg

 40周年の割にはいまいち空回りしているように感じてしまったが、いつものライダー映画よりも豪華だった事は間違いないし、1号と2号は実にかっこよかった。単純に娯楽作として楽しむべきでしょうね。思い入れの強いライダーがあんま活躍しないよ!とかそういうのは考えないようにしましょう(笑)
 これからもライダーの歴史は続くと思います。ずっと日本が誇れるヒーローであってほしいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・戦隊・ヒーロー
ジャンル : 映画

2011-04-25 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。