スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「孫文の義士団」 ★☆(1.5点/5.0点)

138分/中国(2010)

          18dda599f3d8030fede775f39e91e441.jpg

 中国ではレッドクリフPart2を抜き記録的な大ヒット、日本でも公開されるや各界から称賛のコメントが寄せられた。が、しかし個人的には見事に期待を裏切られた。

          110104_sonbun_sub3.jpg

 清朝末期の香港、そこに一人の男が来航するとの極秘情報が流れる。その名は「孫文」。彼は辛亥革命を成功させるべく、同志たちとの密談の為にやって来るのだった。しかしそれを知った西太后は香港に500人の暗殺団を送り込む。孫文が殺されてしまったら中国は終わってしまう。何としても孫文の暗殺を阻止するべく、名もなき8人の義士が集められた。そしてついに孫文来航の日、彼らと暗殺団との壮絶な戦いが幕を開ける。

          bodyguards_still_02.jpg

 最初にあらすじを読んだ時、私は本作を真っ先に十三人の刺客(日本/2010)のような感じの映画だろうと決めつけてしまった。これがいけなかったのだと思うが、実際に蓋を開けてみると全く毛色の違う作品で少々面食らってしまった。
 辛亥革命という史実を背景に置き、孫文を守る義士達の生き様にスポットを当てたのは良いのだが、その義士達一人一人のドラマパートがやたら野暮ったい。他の中国の映画にもこういう傾向が多いのかもしれないが、本作は兎に角演出がくどく、いちいち鼻に付くのだ。単にベタな演出だけならまだしも、本作はベタに加えて長尺な上にそれを何度も繰り返す。完全に作品全体の足を引っ張っているとしか思えない。また、ポスターのキャッチコピーで強調されているラストの死闘だが、義士達の闘いをバラバラに描いているため、いまいち盛り上がりに欠ける。そもそも孫文を密会の場に連れていく際の影武者は必要だとは思うが、密会中の影武者は必要ない気がする・・・。密会中は準備が万全の街中で待ち伏せしてその場を死守する。こういう具合で、まさに十三人の刺客のように一体感があった方がもっとシンプルに面白かったはず。しかしながら個々のアクションのクオリティは非常に高い。個人的にはやはり最近推しているドニー・イェンのストリートファイトが素晴らしかった。人ごみの中を全速力で駆け抜け、軽々と障害物を飛び越える様を真横から追ったショットは実に見ごたえがあるし、その後の暗殺団幹部との殴り合いも凄まじい。いつもながらワイヤーによる蹴り技の鮮やかさにも注目すべきだろう。

          20110520083948a55.jpg

 本作はひたすら無駄が多いの一言に尽きる。あらすじのシンプルさをそのまま映像化してくれればよかったのに・・・。

          BODYGUARDS_AND_ASSASSINS_pic_5_1.jpg
          ↑ この後首の骨を折って殺す(本当

スポンサーサイト
2011-09-19 : 中国・アクション : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。