スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「猿の惑星 創世記」 ★★★★(4.0点/5.0点)

106分/アメリカ(2011)

          photo.jpg

 ティム・バートンによる「PLANET OF THE APES/猿の惑星」以来10年ぶりとなる猿の惑星シリーズの新作。本作は68年の1作目よりも前の時代の地球を舞台に、猿による人類に対する侵略が描かれており、シリーズのリブート作品になっている。

          sarunowakusei01.jpg

 アルツハイマーの症状に悩まされる父を持つ薬物研究者の主人公ウィル(ジェームズ・フランコ)はある新薬を開発する。それをチンパンジーに投与する実験を行い見事に成功したものの、副作用で凶暴化した末に死亡。そこで会社側に新薬の研究を打ち切られてしまう。しかしそのチンパンジーには生まれたばかりの子供がおり、ウィルが引き取り手になることに。ウィルはシーザーという名前を付けそのチンパンジーを育てていくが、やがてシーザーは母親から遺伝した新薬の効果で知能が急速に発達していく。

          rise-of-the-planet-of-the-apes-caesar_611x341.jpg

 本作はシリーズもののリブート作品としては非常に完成度の高い作品だった。それまでのシリーズとは微妙に設定が異なってはいるものの、1作目に繋がっていく流れがしっかり描かれていた。また、コーネリアスが赤ちゃんチンパンジーとしてチラッと登場するのもシリーズファンには嬉しいところ。そして本作中最も注目すべきは主役がジェームズ・フランコの役所ではなく、まぎれもなくチンパンジーであるということ。タイトル通り猿が主役なのだ。本作はシーザーをはじめ、登場する猿たちは皆CGによって表現されている。このCGのレベルが非常に高いので、猿と言えどもそれぞれ細かな表情が見て取れる。特に主役のシーザーは人間の顔のモーションをキャプチャーしているということもあり、彼の心に渦巻く人間に対する気持ちや葛藤が繊細に表現されている。それもあってか、本作を観ているものは物言わぬチンパンジーにいつの間にか感情移入してしまうという不思議な現象が起こるのだ。

          plan001.jpg

 本作、前半は割と平坦にシーザーの成長を追っているだけで、カット割りもざっくりしておりなんとなく不安に思いつつ鑑賞していたが後半は一転、徐々に盛り上がっていく構成が見事だった。特に最高潮だと個人的に感じているのは、終盤手前のシーザーたちが施設を抜け出すカットと、ラストカットのアメリカ杉を力強く登っていくシーザーを描写したカットだった。まず前者、物言わぬ猿と先程は書いたが、厳密にいえばシーザーは違う。彼が人間に対する怒りを爆発させ、猿たちを率いて施設を抜け出し、侵攻を開始しようという場面で人間に対して「NO!」という言葉を口にして拒否行動を取る。これは事前に人間と親しくし、理解し合っていたシーザーだから発することができたのだが、彼の決意の表れをたった一言でズバリ表現した素晴らしい演出だと思う。観ていて凄まじくテンションが上がった。そして後者、ゴールデンゲートブリッジで警官隊と死闘を繰り広げたシーザー率いる軍団は何とかそれを切り抜け自然公園にたどり着く。そしてついに自由を手に入れたシーザーがウィルの許可を得て力強くアメリカ杉を登っていくという場面。本作のまさにラストカットなのだが、ここはシーザーに感情移入しているならまず号泣する場面ではないだろうか。ウィルとの友情を育んではいたものの、人間に失望し、決意を固めたシーザーがすべてのしがらみを振り切ったことを象徴する素晴らしいカットで、本作の核となっていることは間違いない。そして重ねて言うが、このカットは個人的に盛り上がりが前者よりもまして最高潮に達したカットでもある。ラストカットでここまで盛り上がる作品は中々お目にかかれない。

          0805-Film-Review-Rise-of-the-Planet-of-the-apes_full_600.jpg

 全体的に丁寧な作りでシリーズの名前に頼り切っておらず、よく出来た作品でしたね。あと、指摘はしたものの、よく考えると前半の平坦なドラマも後半への布石なので全然気にはならないかなぁと思います。
 あっ!本作でどうしても許せない部分があります!それは戸田奈津子のカス字幕!そこだけ何とかしてくれー(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

2011-10-25 : 洋画・SF : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。