スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「映画 けいおん!」 ★☆(1.5点/5.0点)

 110分/日本(2011)

          img-Z02115434-0001.jpg

 TBS系列の人気アニメ「けいおん!」の劇場版が満を持して登場。1話たりともテレビシリーズを観た事が無い(勉強不足でごめんなさい笑)私にとっては苦行以外の何物でもなく、今年一番観るのが辛かった作品。

 高校生活最後の思い出づくりとして、放課後ティータイムの面々が卒業旅行でロンドンに旅立つ。あらすじこれだけ!

          111203K-ON.jpg

 最初にも書きましたが、私はテレビシリーズ未見でファンでもなんでもありません。そのため批判的な意見を述べるのは恐れ多いのですが、あまりにも酷かったので・・・。
 テレビシリーズの映画化という事で、そういったものを観る際に個人的に意識しているのがテレビ版との差別化である。しかしながら今回はテレビシリーズ未見。比較する事が出来なかったが、一緒に行ったテレビ版視聴済みの友人によると全く変わらないとのこと。テレビ版では何気ない日常を描き、その尊さを感じさせてくれる作品だったらしいのだが、はたして映画版でもまったく同じスタンスだったようだ。私はそもそもこれが耐えがたいものだった。一言で言ってしまうと“退屈”。まして展開が速いわけでもなくただひたすらダラダラしている。何せロンドンに行くまでのカットに50分くらいかけているのだ。何をどうやったらそんなに尺が延ばせるのか(笑)。ロンドンに行くのは劇場版のメインパートではないのだろうか・・・。あまりにもロンドンの扱いが雑で、更にそれに輪をかけてロンドンでも大した事が起こらない。寿司屋でライブをさせられるというハッタリはいい具合に思えたのだが、肝心のライブパートが短い短い(笑)。むしろもっと大胆なとんでもないケレン味溢れる作風の方が良かった。キャラのファンであればなんでも無さを楽しむことで素晴らしい作品に昇華するらしいのだが、個人的にはもっとトンデモ展開が欲しいところ。

          339690_007.jpg

 本作、ロンドンから帰国して終わるわけではなく、テレビ版最終回のアナザーストーリー的な展開に発展(らしい)。卒業を控えた4人と後輩として残るあずにゃんとの別れを描き、あずにゃんに歌をプレゼントする。この辺の演出はあっさりで好感が持てた。だが、本作で描きたかった本筋をここだと仮定するとロンドンに行く部分が丸ごと抜けててもいいのではないだろうか。結局ロンドンに行って何も得ていないし、それがラストに繋がるわけでもない。根本的に無駄な気がしてならない。そして本作中もっとも大きなハッタリの一つのロンドン行きがいらないとすればけいおんを劇場版にする意味が全く理解できなくなってしまった。比較するのはおかしいが、差別化の意味で言えば同じく今月観に行ったフォーゼ&オーズの方がはるかに上手く差別化を図れていた。やっぱり別にテレビの特別編で良くねー(笑)

          339690_003.jpg

 本作、確実にどこを見て評価するのかはファンとは全く異なってしまうため、結局はバックボーンがかなりしっかりしていなければ全くノレない最悪に等しい体験となってしまう事は間違いないと思う。

          339690_005.jpg
 面白い事にあずにゃんは我々観客視点なんですよねー。あと、一度は言ってみたかった「あずにゃんぺろぺろ」(爆)
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

2011-12-28 : アニメ映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。