スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「リアルスティール」 ★★★★(4.0点/5.0点)

127分/アメリカ(2011)

          Real-Steel-Poster.jpg

 ロボットがボクシングというなんとも言い難いプロットでファーストインプレッションはいまいちな感があったが、ふたを開けてみればザッツエンターテイメント!!極上のエンタメだった。

          Real-Steel-Atom-Review.jpg

 憂き目のロボットボクサーのチャーリーは元ボクサー。ある日、元恋人が姿を消したため、その恋人との間の息子マックスを親権を売るという約束付きで預かる事になる。お金のため嫌々ながら引き受けるチャーリー。パーツを物色しに行った廃材置き場で偶然マックスがロボットを発見する。そのロボットATOM(アトム)はスパーリング用のロボットだった。マックスは自分のロボットとしてボクシングに出すと言ってきかない。そんなの闘えるはずがない・・・そう思うチャーリーだが次第にマックスによって心動かされていく。

          Real-Steel-10.jpg

 とにかくこれぞエンタメという出来。盛り上げて盛り上げては盛り上げる。極上の娯楽作だ。そして様々な要素が良い塩梅で混ざり合っている巧みな構成・演出にも脱帽。ショーン・レヴィはこの手の作品を撮るのが本当に巧い。
 まず序盤からチャーリーがどうしようもないボンクラという演出が続く。ヒュー・ジャックマンというとマッチョイケメンのイメージがものすごく強いが、本作では稼いだお金は見境なくロボットに使う、マックスよりロボット優先と、とんでもなくダメな野郎(笑)。しかしながらこの落としが深々としている事により、感情移入しやすく、ラストのカタルシス的展開に大感動が生まれる。ベタだが実に理にかなっている。しかもそのラストの演出も分かり過ぎてて観ている私はテンションがメーターを振り切って爆発!ついでに涙腺決壊でとんでもない事になってしまった。言ってしまえば叫びたかったほど(笑)。とにかくラストの燃えさせ方は異常。底辺から這い上がった弱小ボクサーがチャンピオンに挑む、言ってしまえば完全にロボットボクシング版ロッキーだが、そこに“溜めて打つ”という超絶的に胸アツな描写を持ってきている。どういう事かと言うと、チャンピオンのロボットのゼウスと対決をしている最中にアトムの音声認識系統が故障。本来の機能であるシャドー機能を活かしてチャーリー本人の動きをトレスしてラウンドをつなぐことに。そこでチャーリーの取った戦法が、チャンピオンのパンチを真正面から受けながらもとにかく溜めてその際に生まれた隙に一気に攻勢に出るというものだった。この溜めて打つ戦法、日本のロボットアニメなどにも良く見られると思う。例えば「敵の弱点を突きたいけど残弾が少ない、だから引きつけてタイミングを見計らって・・・ここだ!」という感じ。これはグッとくるでしょ!来ないやついる?(笑)。個人的にはその際のチャーリーの「坊主行くぞ」という台詞でものの見事に涙腺が打ち砕かれて、それ以降エンドロール終盤まで泣き続けてしまうという(笑)。良いカウンター喰らったと思う(笑)。

          main_kari_large.jpg

 本作、観賞中は全編にわたってどことなく懐かしさを感じていた。というのも、小学生くらいの男の子が喜びそうな要素に溢れかえっているのだ。例えばロボットに名前が付いている事。これはかなり親しみやすくなるし、昔自分の作ったキャラクターに名前を付けたりしていた事を思い出してほっこり(笑)。更にそのロボットの繰り出す攻撃にも技名が付いていて、それを音声認識で繰り出す演出。これは特にグッとくる。ポケモンやらデジモン世代の方ならよくわかっていただけるだろう。また、それに伴う子供ならではの所有欲もリアルで懐かしい。マックスはアトムを発見した後にひたすら僕のロボットだと言い続けていたが、この“僕の”という所がミソで、子供は言葉には出来ないけどとにかく自分の何かが欲しい感情を内包しているように思う。私も自分のモビルスーツとかゾイドが欲しかった時期があった(笑)。仮に本作を子供のころに観ていたら確実に多大な影響を受けたことだろう。

          Real Steel (2)

 私は本作が2012年の映画初めになったわけですが、それにふさわしい作品だったなぁと。心から燃えて感動しました。あ、ちなみに劇中に登場したロボットの中で個人的に一番好きなのはノイジー・ボーイです。戦国武将的な甲冑モチーフのデザインと、あのもろに外国人センスな日本語「超悪男子」がすごく好き(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

2012-01-26 : 洋画・SF : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。