スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「ダーク・フェアリー」 ★★★★★(5.0点/5.0点)

100分/アメリカ(2011)
公式サイト

          20120106_7bbb9a.jpg

          

 ギレルモ・デル・トロ製作による渾身、極上のホラー。1973年のテレビ映画「地下室の魔物」のリメイクで、デル・トロ自身が当時恐怖し影響された作品で、リメイク企画を長年の間温めていた。
 念願の映画化とあって演出や構図、ストーリー等が非常に良く練られており、全体的な完成度が極めて高い。特に恐怖演出に関しては抜きん出ており、近年稀に見る怖さだと個人的には思っている。というのも、子供の頃のトラウマが蘇ってくるからだ。子供の頃、真っ暗な闇の中に言い知れない恐怖を覚えた人は少なくはないだろう。自分の周りに何があるかわからない感覚、もしかしたら得体の知れないものが潜んでいるかもしれない、そう思うととてもじゃないが居てもたってもいられないあの感じが本作からは伝わってくる。だから非常に怖いと感じたわけだ。本編中で主人公の女の子は夜の屋敷の深い暗闇の中何度もトゥースフェアリーに襲われるわけだが、観てるこっちも昔のトラウマのせいで気が気じゃない(笑)。しかしながら本作、怖いけど抜群に面白い!

          o0630042011784619019.jpg

 本作は元々土地に住み着いていたトゥースフェアリーがどこともわからない地下深くから這い出て人に悪さをする。土着の魔物、地獄に続きそうな洞穴等から連想する人もいると思うが、本作にはラヴクラフト感が漂っており、それが全体的に禍々しさを増長していると言える。殊に本作のプロットに関してはラヴクラフトの著作、「壁の中の鼠」と共通する部分が非常に多い。ラヴクラフトが著作を執筆していた1900年代初頭は現代のように情報が氾濫しているわけではないため、ラヴクラフト本人も、それを読む読者もすべての元になるのは想像力ということになる。「壁の中の鼠」においても、壁の中を走り回る鼠のような何かは足音でしか表現されず、その正体は読む者の想像力に委ねられている。いわばそれがラヴクラフトの特徴でもあるが、何が言いたいかというとダークフェアリーにおいてもラヴクラフト的なプロットはもちろん、想像力を掻き立てられるような感覚も備わっているということだ。地下室のフェアリーが這い出てくるあの穴の底は一体どこにつながっているのだろうか・・・。

          img_957875_61666282_4.jpg

 少々なめて劇場に行ったこともあってあまりの面白さと怖さに観終わった後に束の間放心状態に陥った訳ですが、とにかくすごかったですね(笑)。さすがデルトロだと思います。正直衝撃度合いは個人的にですが、「哀しき獣」の遥か上を行っていました。ということでたぶん本作が上半期ベスト1だと思います(笑)。あと、主人公サリー役のベイリー・マディソンちゃんはかなりの演技派でしたね。なんでもハリウッドの芦田愛菜と言われてるとかなんとか(笑)。芦田愛菜はあざとくて嫌いだけど、その異名はダテじゃない(笑)。

          111115_darkf_sub4.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ホラー
ジャンル : 映画

2012-03-24 : 洋画・ホラー : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
ホーム  » 「ドラゴンタトゥーの女」 ★★★☆(3.5点/5.0点)
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ【「ダーク・フェアリー】
100分/アメリカ(2011)公式サイト                     ギレルモ・デル・トロ製作に
2012-11-02 14:16 : まっとめBLOG速報
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
ホーム  prev »

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。