スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「劇場版 名探偵コナン 沈黙の15分」 ~沈黙オヤジも真っ青なアクション満載!~

 劇場版名探偵コナンシリーズもいつの間にか15年目。今年も何だかんだ言いつつ観に行ってきた。

          th_conan2011_15_sc01.jpg

 再選を果たした朝倉都知事に対して脅迫状が送りつけられた。翌日、朝倉都知事が開通した都営地下鉄の開通式が行われ、都知事も出席したが、何者かによって仕掛けられた爆弾により爆破されてしまう。幸い偶然事態に遭遇したコナンの活躍により、犠牲者は出なかったものの、爆破事件に疑問を持ったコナンは独自に調査を始める。やがて朝倉都知事が国土交通大臣時代に関わったダム建設とダムの底に沈められ、移設を余儀なくされた北ノ沢村という村の存在が明らかになる。地下鉄爆破事件の犯人との関連性を見出したコナンは現地に行く事に。ちょうど北ノ沢村では移設5周年の記念フェスティバルが行われていた。ダムの職員もフェスティバルに参加する中、手薄になったダムの警備をかいくぐった犯人が仕掛けた爆弾によりダムが爆破されようとしている。そして犯人を突き止めるカギとなるのはある事故によって8年間こん睡状態にあった少年だった。果たしてコナンは犯人にたどり着き、ダムの爆破を阻止できるのか。

          20110415154938_03_400.jpg

 今作も相変わらず無理をしすぎていたかなぁと。正直、コナンには大規模な爆弾テロとかそういうのいらない。殊に今回はダム爆破。まぁそう言ってしまうとテレビとさほど変わらなくなってしまうと思うので何とも微妙なところではあるが・・・。しかし今回はより拍車がかかってたと思う。まず序盤、コナンが地下鉄爆破犯を探す場面。高速道路をスケボーで逆走、更には壁を走り、逆さまに天井まで登ってしまう。崖と崖の間、ビルとビルの間をジャンプとかならまだわかるが、これはいくらなんでもねぇ(笑)。あと終盤、結局爆破されちゃったダムからスノボで飛び降りて流れる水に乗ってサーフィン。挙句一人でダムの水の流れを変えて村を救っちゃう。呆れちゃいますね(笑)。今までの劇場版コナンでもそういった無茶があったことは確かだが、今回は特に酷かった。結構冷めちゃうレベル。

          mtk_ma5_large.jpg

 また、今作は前置きがひたすら長い。なんであんなに長くする必要があったのか。新一も無理やり出すことなかったと思う。それでもっと前置きをカットして事件に重点を置いてほしかった。その前置きの展開もグダグダで退屈。ストーリーというか、話の根っこはそれなりに良いものだっただけに残念。15作目の気合が明らかに空回りだった模様。しかし節目にふさわしかったのはゲスト声優の面々。関俊彦さん、朴璐美さん、江川央生さん、草尾毅さん、三瓶由布子さん、最近キュゥべえで話題の加藤英美理さんなどなど。豪華そのものであった。あと、今回主題歌を担当したのはB’zだった点も良かった。2006年の10作目にあたる「探偵たちの鎮魂歌」から実に5年ぶりとなる。曲も良く、節目にはふさわしかったと思う。あ、オープニングが原点回帰っぽかったのもファンには嬉しいところ。前作みたいな中途半端なオープニングではあかん。
 ここまで書いてきてなんだけど、良いところが本編とあまり関係ないね。まぁ仕方ないというかなんというか(笑)。

          img_1508343_60417424_1.jpg

 総合的に見てかなり残念な作品だったかと。節目こそ原点回帰で閉鎖空間での連続殺人事件とかもっと単純で良いと思う。当然のごとくエンディング後には次回16作目の告知が。16作目はサッカースタジアム?また何だかんだで観に行くのかなぁ(笑)

          201104192157062fb.jpg
          ↑本文には書いてないけど、このシーンちょっと好きだ。



※本来の意味でのゲスト声優さんスルーしちゃったけど、別にいいよね・・・。

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

2011-05-13 : アニメ映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~」

25年の時を経て、名作「ドラえもん のび太と鉄人兵団」が生まれ変わった。以下はリメイク版について、良かった点、悪かった点を挙げてみた。

          news_large_DRA_ma4-thumbnail2.jpg


リメイク版として良かった点
・作画
 とにかく感心した。素晴らしい作画である。特にザンダクロスの作画は凄まじく、燃えた。関節の可動部分やパーツ割も細かくなっていて良かったと思う。作画は最近観たアニメ映画の中では間違いなく1番。
・ストーリー
 これは当たり前だが、オリジナル版の結末を大きく改変することなく仕上げている。また本作ではロボットの考え方や性格などに関する部分の仕組みが明らかにされていた。これによってロボットという存在が強調されていた。そしてラストのリルルによる祖先のロボットの改変シーンでリルルがしっかり苦悩していた。これはそのロボットの仕組みが明らかになっているという部分と繋がってくるのだが、どこをどのように変化させるのかもわかりやすく、また苦悩するリルルがオリジナルよりも人間くさかった。

          zanda23.jpg

リメイク版として気になった点
・ピッポの存在
 はっきり言って全く必要性を感じない。キャラクターが完全に浮いており、安い友情と押しつげがましい感動シーンのためだけの存在で邪魔。更にはのび太がリルルに銃を向ける重要な場面でしゃしゃり出てくる始末のび太の勇気が台無し。古参ファンとしてこれは許しがたい。しかし演じていた小林由美子さんの歌の上手さには驚きました。
・リルルについて
 最初から人間くさい。これは演じていた沢城みゆきさんの演技が上手いというのもあるが、声に感情がこもりすぎていたり、最初の白クマを倒すシーンで表情が豊かだったりとラストの人間のような感情が芽生えるシーンとのギャップがあまり無くなっている。もう少し序盤は無機質なロボットを演出してほしかった。
・ストーリー
 神様が人間だったという事実を話の上で明らかにしていない事。そしてその事に関してリルルのリアクションも無かった。この部分を明らかにしておかないとリルルが最終的に人間に加担しているという事が確実にならないと思う。少し細かいとは思いますが、重要な事なので。

          dra_ma5_large.jpg

          dra_ma12_large.jpg


全体的にリメイクとしてはまずまずといったところ。気になった点もピッポ以外は我慢できるレベルです。エンディング後にちらっと出てきた恐竜のような生物からして次回作は竜の騎士のリメイク版なのでしょうか。もしそうだったら観に行かねば・・・

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

2011-04-24 : アニメ映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。